会社が合併して大きな企業に変化する

合併した企業の分だけ人が増える

会社が合併すると、社員がその会社の分だけ増えます。100人の会社を合併したのであれば、100人の社員が増えるということです。この社員が優秀な人材であれば、その後の大きな成長につながります。そのため、合併した側とされた側で分けて社員を育てることはしない方がいいでしょう。合併したからには同じ会社の社員として育てるのです。その中に将来会社を担う人材が、隠れている可能性はあります。差別してしまうとその優秀な人材の流出につながります。それは会社にとって大きな損失です。合併は人材を獲得するチャンスでもあります。合併したあとでないと人材のレベルは分かりませんが、優秀な部門を抱えている会社には優秀な人材が多いです。

合併した企業の強みが増える

合併によって大きく成長する要因として、合併した企業の取引先を取り込むことができる点があります。販売部門が強い会社であれば、営業部隊が抱える顧客をそのまま手に入れられます。仕入れに強い会社であれば、仕入れ先が手に入るでしょう。他にも専門性の高い会社であれば、専門知識を有している社員を抱えられます。今後の成長戦略に必要な要因を抱えている企業を合併することで、一から作りださななくてよくなるのです。その要因を何年もかけて作り出すよりも、持っている企業を合併した方が効率的な場合があるでしょう。大きな成長を一気に望むのであれば、合併という方法はかなり有効です。他にも自社にない強みを持っている企業を合併すれば、新しい戦略を立てられるようになるでしょう。