双方の会社とヒアリングを行ってくれる

仲介者がいればスムーズに話が進む

従来のM&Aは、会社の経営幹部が話し合って話を進め、合併や買収を決定してきました。しかし、タイミングよくM&Aの話し合いに応じてくれる企業が見つかるとは限りませんし、金銭的な条件など、ふみこんだ話をするまでに時間がかかる例もあります。うまく進展しそうな相手がいても、結局双方の意見がまとまらずに終わるおそれがあるのです。そこで近年では、M&Aを仲介する会社が注目を集めています。双方の会社の間に立って、条件面のすり合わせを代行してくれるのが主なサービスです。第三者を介した話し合いになると、デリケートな話題も比較的スムーズに話が進む傾向にあり、さらに細かい事項を話し合える相手かどうか判断しやすくなります。

M&Aを考え始めたら仲介業者に接触しよう

M&Aが成功するにはいくつかの段階をふまえる必要がありますが、まずはM&Aの候補となる会社を見つけることから始まります。このとき、付き合いのある会社に候補がいればよいのですが、なかなかうまく見つからないのが実情です。そこで、少しでもM&Aを考えた段階で仲介業者に接触するとよいでしょう。仲介業者では「M&Aを望んでいる会社」のリストがあり、条件に合いそうな会社を紹介してくれます。すぐによい相手が見つかるとは限りませんし、交渉がまとまらない場合もあるので、早めの接触がおすすめです。たいていの仲介業者には守秘義務があるので、吸収合併されることを望んでいるとしてもそれが外部にもれる心配はありません。仲介業者を利用すれば、まったく接点がなかった会社とも出会えるかもしれません。