部門買い取りを行えばすぐに新事業を展開可能

部門買い取りとは会社の一部を引き取ること

部門買い取りとはM&Aの1つであり、相手企業の一部門だけを買い取ることをいいます。引き取り対象の部門が限定されるので、M&Aで発生する煩わしい手続きが一部簡略となることから、買い取った部門ですぐに新規事業をおこなうことも可能です。また、売り手側からすると売却範囲をある程度自由に決めることができるので、通常のM&Aよりも成立しやすいという性質を持っています。複数部門を持っている大企業のみならず、中小企業でも跡継ぎがいないときの対策として選択されることもあり、部門買い取りは株式譲渡に次いで、盛んにおこなわれています。
なお、実際に部門買取をおこなう場合は取締役会で承認を得るだけでなく、株主総会での特別決議での承認も必要です。

部門買い取りをするメリット

部門買い取りのメリットは取得したい資産を決めることができるということです。
株式譲渡による企業の買い取りの場合は、会社全体を買い取ることになるので、その会社が抱えている負債も取り入れることになります。ですが部門買い取りの場合は、会社の中の特定の部門だけを取り入れることになるので、その部門とは関係のない負債を引き継ぐということはありません。

2つ目のメリットは債権者に対して通知や公告をせずに手続きできることです。
通常のM&Aの場合は相手の会社の全てを取り込むためになるため、リターンも大きい半面、リスクもまた大きくなります。そのためM&Aをした場合はリスク通知も兼ねて債権者にその旨を報告しなければいけません。これに対して部門買い取りは会社の全てを取り込むのではないため、通常のM&Aと比較するとリスクは低いので、債権者への報告義務は発生しなくなります。