買い取ってもらいたい会社を選定してもらえる

個人では難しい「買い手」探し

会社の「売り手」としてM&Aを行うという決断をしたら、「買い手」となってくれる会社を見つけなければなりません。
買い手の会社を探すことは、個人でも出来ますし、仲介業者に頼むことも出来ます。
しかし、特に中小企業の場合は、個人で探すことが難しい部分も多々あります。

まず、自分の会社をどこに買い取ってもらうのが最適なのか、調べるだけでも大変なことです。
やっと買い手の会社が決まっても、今度は条件交渉を進めなければならないというように、やることは山積みです。
普段から付き合いのあるような会社が相手であれば、比較的スムーズに話は進むかもしれませんが、その場合は近しい関係だけに、互いに個人的な感情が挟まってくることもありえます。

様々な面から考えて、M&Aを成功させるには仲介業者に頼むことが早道といえるでしょう。

仲介企業に頼むと、こんな利点が

まず、個人と仲介業者では情報量が違います。 M&A専門の仲介業者であれば、買い手探しにおいても、専門家による「ベストマッチング」が期待出来ます。 仲介業者という第三者の立場を挟むことによって、釣り合わない金額で交渉が進んでいってしまい、気づいた時に後悔するといった事態も避けることが出来るでしょう。 更に、買い手探しだけでなく、交渉やアドバイス、書類作成の支援など、M&A全体におけるフォローも多岐にわたります。 仲介業者の会社は多く存在し、それぞれ個性や売りが違います。 「手数料を貰わない、完全成功報酬制」や「買い手探しのスペシャリストが揃っている」といった特色がありますので、よく調べて、自分が信頼出来ると思ったところに頼むのがよいでしょう。